INFORMATION

2016-07-14
「転職失敗」を追加しました。
2016-05-18
「転職と年齢」を追加しました。
2016-04-21
レイアウトの調整を行いました。

転職する際の悩み事

転職をする際、一番悩んだのが退職時期でした。
私自身、退職した会社の業務は、退職した先輩から引き継いだ業務だったので、私が退職したら他の誰かが引き継ぐことになります。
しかし、その業務はその会社で私がメインで対応している業務だったので、どのタイミングが一番会社に負担がかからないのか悩んでいました。なので転職活動もなかなか行えず、退職を決断してか転職活動をし始めるまで約6か月が過ぎていました。
退職時期の相談を友人にしたところ、「会社のことを考えるのは大切。でも、自分の人生なんだから、もっと自分のことを考えていいんじゃない?」と言われ転職活動を始めました。
当時は退職することは会社の人には一切相談をしていなかったので、こっそりと転職活動をしました。
幸い、自分で仕事のペースを調整できる環境だったので、午前中に業務を一気に終わらせ午後は定時に帰れるようにし、仕事終わりに面接を受けに行ったりしていました。
次の就職先が決まってから退職願を提出しました。
30日前に退職願を提出すれば問題ありませんでしたが、後任となる後輩の子に負担をかけたくなかったので内定先には入社時期を伸ばしてもらい、約1か月半引き継ぎ時間を作りました。お陰で、円満に退職をすることができました。

日本における転職

私は生涯で転職を2回経験しています。実力があっても採用してくれないという事を悟りました。また年齢制限や採用したい人が会社側で決まっているのではないかと思いました。
50社位は会社に応募しましたが全て落ちました。書類審査で落ちました。
面接まで行ったところも数件ありましたが落ちました。何でか分かりません。意気投合して話も弾み仕事の内容まで話しても駄目です。
そこで思い当たった事は「未経験者可能」はウソなのです。現に2回転職していますが、異業種を受けても一切採用されず、以前に勤めていた同職種を受けたら一発で採用となりました。
これは未経験は取らないのだと感じました。転職活動した方ならうすうす分かってると思いますが、そういった公募をすることにより会社はお金をもらいます。
だから面接までやるのだと気付きました。そもそも取ることの無い面接を・・。ですので私が学んだのは転職するなら同職種を受ける事です。私の場合は薬剤師ですね。徹底的に薬剤師求人情報サイトを研究しました。
薬剤師求人情報 : http://shigotrip.jp/
一番の近道ですし同等の評価をしてくれますよ。期間が早く仕事が見つかるし同じ畑で慣れているし、私は転職するならば同職種がいいと思っています。結局私は上記のサイトの中のでも評判が良かった薬剤師転職ドットコムを利用することで何とか転職することができました。海外の制度はどうかわかりませんが、日本は色々厳しいと思う。
ページのトップへ戻る