転職に伴う後任への引き継ぎ

転職をするということは、自分の業務を引き継ぐ必要があります。
私の場合、新卒で入社した会社を2年ほどで退職しましたが、後任が10年先輩の社員さんでした。 その社員さんは会社では社歴が長い方で、雑務や庶務といった業務は殆ど担当していませんでした。
私の業務はというと、社歴2年で拠点でも一番年下だったので庶務や雑務は全て担当していました。 転職活動が終わり、約1ヶ月の期間で業務の引継ぎを行いました。
ところが、私が担当しているメインの業務は積極的にやるのですが、雑務や庶務は一切やろうとしませんでした。
目上の立場の人に対して仕事をやらない事を注意するのは抵抗がありましたが、前任としてこの拠点をスムーズにする為に意を決して「自分は拠点をスムーズにする為に、こういうスタンスで業務を行っています」と伝えたのですが、それでも私が在籍している間は雑務や庶務はやろうとしませんでした。
私の退職後、その業務を引き継いで行ってもらえているのかは分かりません。
新卒の転職、後任が必ずしも自分より年下の後輩とは限りません。
目上の人へ業務の引き継ぎをするのは少し大変ですが、転職をする人間にとってその会社での一番最後の仕事なので、責任を持って引き継ぎを行ってください。

40歳からの転職

今、働いてる会社がリーマンショック以降、給料が下がり40歳を超えた今でも給料が少なく転職を考え始めています。
しかし40歳を超えると転職する業種が限られており今やっている仕事と同じような業種は30歳までとか35歳ぐらいまでと年齢が引っかかってしまい他の業種に転職するしかないのかと思ったりもしています。
ハローワークに行ったりして今やっている製造業関係で正社員の募集はなく派遣や期間社員、パートといった形態しかなく最初にやっていた営業職に戻ろうかと思ったりもしています。しかし子供もいて今からの転職はすごく勇気がいる事だと思います。
転職をするのはいいが仕事がうまくいき子供や妻を養っていけるぐらいのお給料が貰えるかという事も不安がありすごく悩んでいる最中です。
40代で男性での転職というのをやった方のお話しとかも聞いてみたいものです。
そのまま営業職でがんばってやっていればよかったかなと転職したのに後悔もありましたが今さら仕事を変えるというのはやはりやめた方がいいのだろうか。それとも思い切って他の業種に入ってみてがんばってみるのもいいのだろうかと現在も悩んでいます。
ページのトップへ戻る